就労SSTで体育館の受け付けトラブルを想定し勉強しました

退院してから約三ヶ月とちょっとが過ぎました。今日はちょっと調子がイマイチであったのですが、デイケアプログラムをするうちに普通になってきたので良かったです。

今日は初参加のプログラム、「就労SST」で就労に関するシミュレーションをさせてもらいました。具体的には「体育館の受け付けで起きうるトラブル、お客様に対する方法」をやってみました。

例えば「予約しなければ使えないのに、当日いきなり予約なしで来た」お客様の応対をやってみました。「当日に来ても出来ない」からの「どこにそんな事が書いているかには書類を提出して説明したり、「今日じゃないとダメ」というものには「一週間前から予約が入っているので……」と申し訳なさそうに断ったりして、応対しました。

最後には「直近でいつなら予約出来るか」というもので「それなら明日空いています」といったやりとりで終わりましたが、手が震えて仕方ありませんでした。「どうぞお掛けください」があれば良かったねと言われ、なるほどと思いました。

まず最初に一クッション、「申し訳ありませんが予約がないとご利用ができないんです」があった事が良かったなど言われ、実際もこんなふうに出来ればな、と思いました。

来年になれば単発アルバイトもして良いとお医者さんのお許しも得られたので、いまからアルバイトなどの練習しておこうと思います。そのために日々のデイケア、就労系のプログラムに参加してみたいと思います。